睡蓮の池のほとり
コミック<天は赤い河のほとり>鑑賞サイト

新たに、「画像等」に風様御作を展示収蔵しました。

 令和6年能登半島地震に係るご被災各位に対し心よりお見舞を申し上げます。
 参考サイト
石川県
「令和6年能登半島地震に関する情報」
 参考サイト
国土交通省
「令和6年能登半島地震における被害と対応について」


  新型コロナウイルス感染症御罹患の各位に対して心よりのお見舞を申し上げ、一日も早い御本復をお祈り申し上げます。
各位には、毎日を健康にお過ごしいただけますように。

 参考サイト
厚生労働省
「新型コロナウイルス感染症について」
 参考サイト
神戸市
 「新型コロナウイルス感染症」 


 ここに掲載するのは、漫画「天は赤い河のほとり」(篠原千絵・作 小学館・刊)を原典として、一愛読者が試みた二次創作です。
 原典の設定・物語から大きく飛躍していることもありますが、浩瀚な原典のコマとコマの間に、このような世界を想像したファンがいる、ということをお見知り置きいただけば幸いです。                                    
当サイト管理者 釈諦順


当サイト掲載作品目次
ある将軍の退役  回 天   好 意 
決 断 落 胤 出兵セズ
末 期 継承の行方
救国の烈女 親 友 竜眼流転(前編)
竜眼流転(後編) 鉄の帝国 帰って来た娘
日出ずる国へ(前編) 日出ずる国へ(後編) 断 簡
雪 辱 星の皇子さま 秘 苑
悪 夢 お・く・さ・ま 不可触の女神
奇 襲 責 任 矜 持
間 諜 王の豆 流 浪
(以下、順次制作します)

その他
原典一覧・その他 当サイトの沿革 リンク

「睡蓮の池のほとり掲示板」は
廃止しました。
一般メール受付

画像等

「古代文明コミックファンの皆様にQuestions!」に対する回答
「天は赤い河のほとりファンに100の質問」に対する回答
「篠原千絵ファンに50の質問」に対する回答
  
臨時特設ページ
 「映画『思い、思われ、ふり、ふられ』
神戸近辺に於ける撮影地の詳細比定」


  「『NENE'S WORLD』篠原千絵原画展 横浜」に戻る


 このサイトに掲載している作品は、筆者が原典(当サイト「原典一覧」参照)を読み、そのコマとコマ、エピソードとエピソードの間にあるものを勝手に想像して書き綴った「変則的な読書感想文」で、原典の記述を周知のものとする前提に立って書いた作品ばかりです。
 執筆に当たっては、筆者自身で「原典の記述との齟齬を禁じる」という規制を設けましたが、それ以外の考証、見解等にはいかにもっともらしくとも根拠など全くなく、はじめから措信には値しないものであることをお含みおきください。「原典の記述」と「史実」の間に撞着が見られた場合も、躊躇なく「原典の記述」を優先する、ということになります。
 これに伴い、今後、さらに原典として仰ぐべき作品が発表された場合等には、あっさりと掲載作品を撤回または修正することも全く吝かではありません。また、掲載作品中に「原典の記述との齟齬」をお認めの各位には、ぜひその旨ご指摘いただけましたら幸いです。
 そのようなわけで、このサイトは原典の作者先生、出版社様、その他ご関係各位のお立場とは全く関りなく制作されています。もし、このような物を書かれて迷惑だ、とおっしゃる方がありましたら、お手数ながらご一報ください。ご事情により、改訂または削除させていただきます。

 なお現時点で当サイトに掲げる筆者の作品は、いずれも原典「天は赤い河のほとり 外伝 〜魔が時代の黎明〜」刊行(平成19年5月24日)以前に書かれたものです。これらの作品の内容と以後発表された原典の記述との整合性については、新たな原典の改めての「完結」を待って措置を講ずることとします。 

 当「睡蓮の池のほとり」は、平成23年6月末日を以て従来のアドレス(http://kobe.cool.ne.jp/shakutaijun/)を廃止し、7月1日より完全にこのスペースへ移転致しました。このサイトの内容並びに当管理者宛のメールアドレス等は従来通り変更ありません。

臨時特設ページ
映画「思い、思われ、ふり、ふられ」 神戸近辺に於ける撮影地の詳細比定






7月
13〜20日 祇園神社 祇園祭
「海の日」を含む土、日、月曜 海神社 夏祭
24、25日 綱敷天満宮 天神祭

8月
3、4、5日 生田神社大海祭
後半 こうべ海の盆踊り(メリケンパーク)
後半 メリケン地蔵盆(みなと公園)

9月
旧暦8月15日の前後 南京町中秋節
初旬 神戸よさこいまつり(ハーバーランド/垂水)


いずれも「例年の目安」です。
必ずしも今年または来年の
予定ではありません。
特に、新型コロナウイルス感染症
対策のため、
一旦中止されたり
大幅に予定が変更された各行事は
まだまだ元の形には
戻り切っていないものが少なくありません。
長く受け継がれてきた
四季折々の趣深い行事が
少しずつでも復活することを
切に祈って已みません。











阪神・淡路大震災メモリアル
大若=神戸の壁跡1・17の集い
「ふれあい喫茶1・17(い〜な〜)」




inserted by FC2 system